FAQ

端末・OSに関する質問

ハンディターミナルの防水、防滴、防塵はどうなのでしょうか?
防滴・防塵(IP54準拠)、防水ではありません。
ハンディターミナルの耐衝撃性能はどうなのでしょうか?
本体の落下強度1.5mです。
ハンディターミナルの防水カバーはありますか?
端末メーカ、弊社では、ご用意しておりません。
ジップロックやアクアパックなどで代用いただいております。
  • ジップロックは、旭化成(株)の登録商標です。
  • アクアパック(AQUAPAC)は、Aquapac International Limitedの登録商標です。
他の端末やSmartPhone端末(Android)などへの対応の予定は有りますか?
現在、1機種のみの対応となっております。
他端末対応は、OS:WindowsMobile 6.x,WindowsEmbeddedCE 6.xに関してはご相談ください。
SmartPhone端末への対応は、現在検討中です。
パソコンのOSは、どのようなものに対応していますか?
Windows 7 Pro(x86)
帳票出力のためのエクセルは、どのようなものに対応していますか?
  • Excel 2007
  • Excel 2010
  • Excel 2013

機能に関する質問

ネットワーク環境には対応していますか?
対応しております。
  • 1台のデータベースPCに複数のクライアントPCから接続した管理が可能です。(マルチクライアント)
  • 複数のデータベースPCのデータをお互いのPCから確認する管理方法も可能です。(マルチサーバ)
  • 1台のデータベースPCの場合は、管理者が集中的にデータ管理したい場合に有効です。
  • 複数のデータベースPCの場合は、管理者が事業所別、工場別に点在する場合に有効です。
利用できるタグにはどのようなものがありますか?
利用できるタグには、RFIDタグがあります。
RFIDタグリーダは、以下のものをご用意しております。
  • HF帯(13.56MHz)タグ用リーダ。MifareAタグおよびFeliCaタグ
  • HF帯リーダは、端末内蔵のリーダにより対応いたします
タグの材質は、ABS(HF,LF)、Glassfiber(HF)、PA9T(HF)などがご用意できます。
バーコードには対応していますか?
  • バーコードは、現在対応はしておりません。
  • 1次元バーコードへはカスタマイズにより対応します。
ハンディターミナルでの認証の機能はありますか?
  • ハンディターミナルでの認証機能は、端末が標準機能として持っている機能が利用できます。
  • パスワードによる認証となります。
  • 個人を特定するような認証は標準の機能では出来ません。
写真、音声、画像は、取り込めますか?
 → 五感で得られた情報も取り込みたいのですが可能ですか?
  • ハンディターミナルの標準機能のカメラ機能で動画、写真が撮影できます。
  • 動画は、音声付で撮影可能です。
  • 撮影したファイルは、取込機能でファイルとして取り込むことが出来ます。
取り込まれた写真は、エクセルに貼り付けられますか?
  • エクセルマクロにより貼り付けることが可能です。
  • 簡単なエクセルマクロのサンプルシートを提供できますので、ご相談ください。
点検引継日報などは、作成できますか?
  • 点検引継日報は、エクセルマクロにより作成します。
  • 帳票のカスタマイズにより対応可能ですので、ご相談ください。
ハンディターミナル上の写真で点検場所の確認などをしたいのですが?
  • 点検場所を写真で確認する機能はありません。
  • カスタマイズで対応可能ですので、別途ご相談ください。
点検抜けを防止するための機能はありますか?
  • RFIDタグを利用することにより、点検すべきポイントが明確になります。
  • ハンディターミナルの絞り込みの機能を利用することにより未点検情報を検索できます。
  • ハンディターミナルの「コース」画面で点検の進捗率を確認することが出来ます。
  • 終了時の点検抜けの警告表示により点検抜けを確認することができます。
点検項目が曜日単位や月1回のものなどあるのですが絞り込み可能ですか?
  • 直番と直番担当を利用して点検項目の絞り込みが実施できます。
  • 直番には最大16種類まで設定できます。
  • 標準システムでカバーしきれない絞り込み条件に関しては、別途ご相談ください。
数値でカウンタ(積算メータ)入力などがあるのですが、対応可能ですか?
  • 現在のシステムでは、数値は、生値(入力値)、差分値、前回値を表示しています。
  • 差分値(積算値)は、データベース側には残りません。
  • 積算値のデータ保持に関しては、カスタマイズで対応いたします。
ハンディターミナル上で補修(修理)情報はどのようにすれば分かりますか?
  • 点検ポイントリストで点検ポイントをタップしたときに補修中のポイントである場合には補修情報を表示します。
  • 「補修」ボタンをタップすると全補修中リストを確認することが出来ます。
  • 補修中の点検ポイントには、点検ポイントの先頭に【!】マークを表示します。
点検ポイントの予備情報を予め入力しておくことは出来ますか?
「内容」(点検の内容)、「仕様」(設備の仕様)を利用してコメントを記載しておくことができます。
点検異常時に情報を伝えたいのですが、どのようなことができますか?
  • 文字で伝える方法として、「コメント」「箇所」が利用できます。
  • 「コメント」(ポイントの情報)、「箇所」(ポイントの詳細箇所)を入力できます。
  • 画像で伝える方法として、お絵描きメモが利用できます。
  • カメラ機能で「動画」「写真」が撮影できます。
定期整備中、停止中の場合、点検状態を一括で入力できますか?
一括入力機能で点検ポイントグループに含まれる点検ポイントの状態を一括で入力できます。
データバックアップの方法とタイミングを教えてください。
  • データのバックアップには、手動で行う方法と自動的に行われるものがあります。
  • 手動で行う場合には、スタートメニューよりIPPATの「データバックアップ」「システムバックアップ」により行います。
  • 「データバックアップ」は、IPPATデータベース情報をバックアップします。
  • 「システムバックアップ」は、IPPATシステム情報をバックアップします。
  • 自動バックアップは、「データバックアップ」を週、月単位に実施します。(日単位は、要望により実施)
  • 外部ディスク(オプション)により、外部ディスクへの自動バックアップを実施します。

設定に関する質問

マスタデータの入力は何で行うのですか?
  • 初回のマスタデータ入力は、マスタ入力専用のエクセルシートで行います。
  • 運用中のデータ変更・追加は、パソコンの設定画面より行います。
  • 保守契約により作成の仕方などはサポートさせていただきます。
印刷帳票はどのように作成するのですか?
  • 印刷用データがテンプレートシートに展開されますので、お客様仕様の帳票フォーマット用にデータをリンクして作成します。
  • 保守契約により作成の仕方などはサポートさせていただきます。
点検ポイント件数、点検数の制約はありますか?
  • データベースに登録する点検ポイント数の制限は特にありません。
  • 1台のハンディターミナルで1回の点検が可能な点検ポイント数は、おおよそ1000点です。
    但し、点検コース、点検ポイントグループ単位で点検ポイントを分けていただくことにより、さらに多くの点検ポイントを管理することが可能です。
    実際には、点検ポイントが2万点超の会社様もいらっしゃいます。
  • 点検開始~点検終了までを1回として、標準設定で30回の点検を連続して行うことが出来ます。(最大連続点検数は、366回です。)
点検ポイントのグループ分けはどのようになっていますか?
点検ポイントのグループ分けは、【点検ポイント】、【点検ポイントグループ】、【点検コース】の3層構造となっています。
【点検ポイント】は、行うべき点検のポイントです。数値、状態を入力します。
【点検ポイントグループ】には、【点検ポイント】を分類して登録します。
【点検コース】には、【点検ポイントグループ】を分類して登録します。
点検ポイント名に文字数制限はありますか?
  • 点検ポイントの最大設定文字数は、半角24文字(全角12文字)です。
  • 点検ポイントグループ、点検コースの最大設定文字数は、半角28文字(全角14文字)です。

保守に関する質問

保守内容は何ですか?
以下のものが御座います。詳細はお問合せください。
  • HOST PC故障時の対応
  • HOST側IPPATソフト機能アップ対応 (HT側IPPATソフトVerUP含む)
  • IPPAT新PCリプレース対応
  • IPPAT/HTリプレース
  • HT追加及び故障対応
  • HT新機種リプレース対応
  • 帳票作成/マスター入力サポート
  • HT H/Wサポート受付業務