DTSインサイトは、Arm開発環境ツール国内代理、Arm正規ライセンスを取得している認定トレーニングセンタです。
また、ルネサスR-INコンソーシアム(パートナー連携による取り組み)に参加しています。
ルネサスの産業向けマイコンR-INシリーズのソフトウェア開発をあらゆる角度からサポートします。

Arm Development Studioについて

Arm®搭載プラットフォーム向け推奨ソフトウェア開発ツールです。
すべてのArmプロセッサ(Arm IPの初期サポートを含む)のサポートしています。

コードの作成とビルド
  • ・最新のArmプロセッサのサポート
  • ・最適化されたコード生成と組込みライブラリ
コードの視覚化
  • ・ブレークポイントまでのコード履歴を表示
  • ・コード測定出力の表示
  • ・OSレベルのイベントとスレッドを理解する
  • ・GPU呼び出しを追跡し、フレームバッファーを再構築する

デバッグコード
  • ・CPUの状態と実行を検査
  • ・最適化されたコード生成と組込みライブラリ
  • ・ブレークポイントの設定、スクリプトの実行、
     例外のデバッグ
  • ・Cashe / MMU / MPUの可視化
  • ・AMP、SMP、big.LITTLE、DynamiQ
コードの高速化
  • ・最適なキャッシュ使用のためにコードを調整する
  • ・スレッド/プロセスレベルの視覚化
  • ・GPU使用量とCPU使用量
  • ・長時間のエネルギー使用

Arm 技術資料「DS-5からArm DSへの移行ガイド」

既存のDS-5プロジェクトの移行

既存のDS-5プロジェクトと起動構成(.launchファイル)をArm Development Studioにインポートできます。
移行する際のポイントについて解説したアプリケーションノートもダウンロードが可能です。

Armソフトウェア規格 CMSIS-Pack

  • CMSIS-Packは、ソフトウェアコンポーネント、デバイスパラメータ、ボードサポート情報とコードを提供する標準化された方法が定義されています。Armアーキテクチャ全体の主要な半導体企業、組込みソフトウェア/ツールベンダーに採用されているCMSIS-Packsは、コードの再利用を促進し、オンラインアップデートと依存関係チェックによるプロアクティブなソフトウェアコンポーネントの展開を可能にすることで、生産性を向上させます。
  • Arm、デバイスベンダーが作成した数千のソフトウェアパックが利用可能です。ユースケースは、基本的なマイクロコントローラーデバイスのサポートから、ボードサポートパッケージやミドルウェアソフトウェアコンポーネントに至ります。Keil MDKやDevelopment StudioなどのArm開発ツール内では 、これらをソフトウェアプロジェクトで簡単にダウンロード、インストール、使用できます。

ルネサスR-INコンソーシアムパートナーセミナー

「最新のArm開発ツールを用いたRZ/T1の効率的開発体験セミナー」

開催日時/2020年夏頃 詳細が決定しましたら掲載いたします

受講をお勧めしたい方

・ワンチップマイコンのC言語開発経験者で、リアルタイム性能やキャッシュ活用にご興味をお持ちの方
・Arm® Cortex®-Rシリーズにご興味をお持ちの方
・モータ制御などプログラムを停止せずにデバッグしたい方 


内容

RZ/T1は、リアルタイム制御向けCPU Arm® Cortex®-R4 Processor with FPUを採用し、最大600MHzでの高速動作が可能です。
本セミナーでは、これからRZ/T1の評価や開発を行う方を対象に、Arm純正「Arm® Development Studio」と実機を使用した演習を通して、開発ツールの基本操作と効率的にメモリアクセスやプログラム実行を行う為の設定方法やデバッガ上でのアボート原因の検出方法についてなどの知識を習得することができます。また、RAM計測ツール(EVRICA)を使用してプログラム実行中(動的)にRAM値やペリフェラル値などを計測する基本機能の演習を行います。