Arm Compiler 5.06 update 7 (build 960) のリリースノート

1. 紹介

Arm Compiler 5.06 update 7は、Arm Compiler 5.06の最終メンテナンスアップデートです。機能安全認証要件のあるプロジェクトの場合、Arm Compiler 5.06 update 7には、Qualification KitとTÜV Certification Packが付属する安全認証バリアントがあります。 詳細については、
https://developer.arm.com/tools-and-software/embedded/arm-compiler/safety
を参照してください。

Arm Compiler 5は、サポートするArmターゲット向けの実績のある成熟したツールチェインです。本リリースをもって、Arm Compiler 5は旧製品となり、Mainstream Supportは終わりとなりました。これによりプロジェクトに懸念が生じる場合は、サプライヤに連絡するか、 https://developer.arm.com/support にアクセスしてケースを開いてください。以下に対して本コンパイラはまだ使用することができます:


その他の新規プロジェクトに対しては、Armは最新のArm Compiler 6(またはそれ以降)のリリースをご使用いただくことを強く推奨します。より詳細については以下をご覧ください:
https://developer.arm.com/tools-and-software/embedded/arm-compiler

Arm Compiler 5.06 update 7 (build 960)は、以下の使用を意図しています:

ライセンスの購入については、 弊社 または Arm社 までご相談ください。
ライセンス管理およびライセンスに関するトラブルシューティングは https://developer.arm.com/support/licensing にアクセスいただくか以下の弊社FAQサイトをご参考になさってください。

フローティングライセンスをご使用の場合は、 armlmd および lmgrd をversion 11.14.1.0以降にアップデートする必要があります。 Armは、常に、お客様が、 https://developer.arm.com/products/software-development-tools/license-management/downloads から利用できる最新版のライセンスサーバソフトウェアを使用することをお勧めします。

2. インストール方法

Arm Compiler 5.06 update 7 が、例えばArm Development Studio等のツールキットの一部として含まれている場合、ツールキットのインストーラがインストレーションプロセスを処理します。その場合はツールキットのインストール方法を参照してください。

その他のケースの場合、Arm Compiler 5.06 update 7をどのように使用するかに依存して適切なインストレーションの場所を選択する必要があります:


Keil MDKを使用していなければArm Compiler 5.06 update 7はデフォルトの場所を含めいかなる場所にでもインストールできます。ただし、これはArm Development StudioあるいはDS-5製品のインストールディレクトリの外である必要があります。
重要なコンフィギュレーション手順は以下およびそれ以降にある関連するセクションをご覧ください:
https://developer.arm.com/tools-and-software/software-development-tools/license-management/resources/product-and-toolkit-configuration

2.1. Arm Development Studio 2019.1 以降への統合

以下ページにある手順に従い、Arm Development Studioにツールチェインを統合できます:
https://developer.arm.com/documentation/101470/2000/Configure-Arm-Development-Studio/Register-a-compiler-toolchain

2.2. Keil MDK 5.12 以降への統合

Arm Compiler 5.06 update 7 は、Keil MDKインストレーションの ARM サブディレクトリの下にインストールする必要があります。たとえば、Keil MDKインストレーションが C:Keil_v5 ならば、 C: Keil_v5 ARM ARM_Compiler_5.06u7 にインストールすることをおすすめします。

インストール後、 http://www.keil.com/support/man/docs/uv4/uv4_armcompilers.htm で利用可能なアプリケーションノートの指示に従って、MDKプロジェクトへツールチェインを統合することができます。

MDKライセンスを使用する場合、Arm Compiler 5.06 update 7はWindows環境のみサポートします。

2.3. DS-5 5.20 以降への統合

以下ページにあるチュートリアル内の手順に従い、DS-5 v5.20 以降にツールチェインを統合できます:
https://developer.arm.com/tools-and-software/embedded/legacy-tools/ds-5-development-studio/resources/tutorials/adding-new-compiler-toolchains-to-ds-5

2.4. スタンドアロン製品としての使用

ライセンスファイルあるいはライセンスサーバの場所を指定する ARMLMD_LICENSE_FILE 環境変数をセットしてください。Windows上ではダブルクォーテーションをこのパス内に含めないでください。パス内の空白はクォートで囲まなくても動作します。

2.5. Linux環境へのインストール

Arm Compiler 5.06 update 7 は、以下のサポートされるプラットフォームでテストされています:

Installer/setup.sh を実行し、画面の指示に従ってください。

32-bitインストーラのみ提供されます。ツールパッケージは、64-bitホストプラットフォーム向けに、個別に64-bit版の armlink を含むバイナリセットを含みます。詳細は、ドキュメンテーションをご参照ください。

インストールされたいくつかのツールが32-bitシステムライブラリに依存します。 Arm Compiler 5.06 update 7 を64-bit Linuxホストプラットフォームで使用するとき、32-bit互換のライブラリがインストールされていることを確認してください。 32-bit互換ライブラリがインストールされていない場合、 Arm Compiler 5.06 update 7 ツールは、ライブラリが見つからず実行が失敗するあるいはエラーをレポートします。インストールに必要なライブラリは、ご使用のプラットフォームで管理者権限で適切なコマンドを実行して確認してください:

Red Hat
yum install glibc.i686
Ubuntu
apt-get install lib32stdc++6 lib32z1

Ubuntu 16.04 LTSシステムでは、特定の32-bit glibcが使用されていない場合、32-bitツールのいくつかに致命的な障害が発生する可能性があります。必要なライブラリのインストールは、以下のコマンドを管理者権限で実行してください:

apt-get install libc6:i386

Ubuntuのコマンドは、Ubuntu Desktop Edition 16.04 LTS、64ビットのみのデフォルトコンフィギュレーションに基づくクリーンインストールでのみテストされています。 Ubuntu 16.04 LTSのカスタムコンフィギュレーションがある場合は、追加のコマンドを実行する必要がある場合があります。

2.6. Windows環境へのインストール

Arm Compiler 5.06 update 7 は、以下のサポートされるプラットフォームでテストされています:

Cygwinとの統合のサポートとCygwinパスの変換は、各リリース時に利用可能なCygwinディストリビューションに対して検証されます。

Installer setup.exe を実行し、画面の指示に従ってください。

32-bitのインストーラのみ提供されます。ツールパッケージは、64-bitホストプラットフォーム向けに、個別に64-bit版の armlink を含むバイナリセットを含みます。詳細は、ドキュメンテーションをご参照ください。

3. アンインストール

Linuxでは、Arm Compiler 5.06 update 7のインストレーションディレクトリを削除してください。

Windowsの場合、 コントロールパネル プログラムの追加と削除 から ARM Compiler 5.06 update 7 を選択し、 アンインストール ボタンを押下してください。

4. ドキュメンテーション

Arm Compiler 5.06 リリースシリーズの以下ドキュメントが利用可能です:

Arm Compiler 5.06 releaseシリーズのdocumentation https://developer.arm.com/ 上にあり、以下によって構成されます:

5. フィードバックとサポート

お客様からのフィードバックは我々にとって重要です。製品のあらゆる局面において、欠陥報告と改善に関する提案を歓迎します。フィードバックあるいはサポートについて、お客様の製品の購入元あるいは、 https://developer.arm.com/support へご連絡ください。
必要に応じて、ツールからの --vsn の出力、問題を再現するのに必要なソースコードおよびその他のファイルとコマンドラインを提供してください。

6. リリース履歴と変更点

以下に、Arm Compiler 5.06 シリーズのリリース日付を示します:

以下に、新しい機能と修正された不具合を含むそれぞれのリリースで変更された概要を示します。この情報には、技術的な誤りや誤植が含まれている可能性があり、リリースノートの将来の版で変更される可能性があります。それぞれの項目別に分類され、ユニークな識別子SDCOMP- を伴います。もしArmへこのリリースノート内の特定の問題について連絡が必要な場合、適切な識別子を通知してください。

Arm Compiler 5.06 update 7 での変更点

Arm Compiler 5.06 update 7で修正された不具合

コンパイラ (armcc)
アセンブラ (armasm)
リンカ (armlink)
ライブラリ
Fromelf

アンケートにご協力お願いします

この解答はお客様のお役に立てましたでしょうか?

 

           

検索に戻る