派生開発の効率化を支援する「Re:Zolver(リゾルバー)」スペシャルサイトオープン
DTSブログ
更新日:2021/07/20

派生開発(流用開発、差分開発)プロジェクトの90%以上を占めている課題は何か?


派生開発は、「過去の資産を流用できるので短期間で開発ができる」というイメージがありますが、コードが煩雑で思うように分析が進まない、元開発担当者がいない、設計書やドキュメントに不備が多いなど、さまざまな問題や苦労があるのが実情です。

このような課題は影響・構造分析ツール『Re:Zolver リゾルバー』で解決できます


『Re:Zolver』はソフトウェア変更に伴う影響範囲やシステム構造を素早く分析できます。
Re:Zolverは、最終オブジェクトコードを分析対象とすることで、結果を分析する時間を最小限にハイパフォーマンスを実現します。

スペシャルサイトではRe:zolverの基本機能を動画で分かりやすく紹介しています。

■スペシャルサイトはこちら
■「フル機能を14日間無料でお試し」お申込みはこちら