「ET & IoT Technology 2019 オープンCPUアーキテクチャパビリオン」 に出展します
DTSブログ
更新日:2019/11/18
当社は、2019年11月20日(水)〜22日(金)にパシフィコ横浜で開催される「Embedded Technology 2019/ IoT Technology 2019 」内の「オープンCPUアーキテクチャパビリオン」出展します。
会場へお越しの際はぜひ当社ブースにお立ち寄りください。みなさまのご来場心よりお待ちしております。


イベント概要

『RISC-V関連企業を集めトレンドをキャッチアップ』
市場にインパクトをもたらしたオープンソースハードウェアにフォーカス
昨今、開発市場で大きなインパクトをもたらした話題と言えば、オープンソースの命令セット・アーキテクチャである「RISC-V」でしょう。
マーケットに与えた衝撃は大きく、多くのメジャー企業がその開発に着手しています。MIPSやPOWERといった主要アーキテクチャもIP(設計情報)の無償公開に動くなど、大きな潮流となってCPUのオープン化の流れが続いています。

そうした動向をキャッチアップし、今回新たに「オープンCPUアーキテクチャパビリオン」を開設します。
台湾や日本からRISC-V関連企業が集い、オープンCPUアーキテクチャの最新動向が俯瞰できるゾーンになる予定です、ぜひご注目ください。


展示内容

RISC-V関連企業を集めた「オープンCPUアーキテクチャパビリオン」に出展します。
当社の展示コーナーでは、RISC-VのトップベンダーであるSiFive社商用IP並びに、
LSI設計からソフトウェア資産移行までをワンストップで支援するサービスをご紹介いたします。

小間番号:C-54-01


製品/サービスの詳細

RISC-V Core IP SiFive
https://www.dts-insight.co.jp/product/sifive_jpn/index.html

システムLSI設計ソリューションサービス
https://www.dts-insight.co.jp/product/systemlsi/index.html