横河ディジタルコンピュータ株式会社、アートシステム株式会社、株式会社DTSの
組込み関連事業を統合し、「株式会社DTSインサイト」としてスタートしました。

ツール説明

かんたん導入ですぐに使える

設定手順はこちら

このツールでできることを3分でご紹介

派生開発の課題はこのツールで解決!

ツール説明

機能詳細

Re:Zolverは、派生開発を支援する「ソフトウェア構造分析ツール」です。既存のソフトウェア資産の内部構造を可視化したり、プログラムの追加・変更を行ったとき、その影響がどこまで及ぶのかを解析したりできます。派生開発の期間短縮や検証もれの解消、ソフトウェア資産の管理などに有効です。Re:Zolverは、オブジェクトコードを直接解析するので、システム内部の細かい情報をユーザ自身が設定する必要はありません。

機能1:影響分析
関数/変数に変更を加えた場合の影響範囲を可視化
関数/変数に変更を加えた場合の影響範囲を可視化
関数や変数の依存関係をグラフ表示します。関数や変数に変更を加えた場合の影響範囲を確認できます。
>影響分析
機能2:クラス分析
C++クラスの継承関係をグラフ表示
C++クラスの継承関係をグラフ表示
C++クラスの継承関係をグラフ表示します。クラスに変更を加えた場合、継承による影響範囲を確認できます。
>クラス分析
機能3:リスト表示
オブジェクトファイルの内部情報を整理して一覧表示
オブジェクトファイルの内部情報を整理して一覧表示
オブジェクトファイルを分析し、内部で使用している関数、変数、ソース、ラベルなどの情報を一覧表示します。
>リスト表示
機能4:プログラム表示
C/C++ソースとアセンブリコードを並べて表示
C/C++ソースとアセンブリコードを並べて表示
C/C++のソースリストの中に、ソースの各行に対応するアセンブリコードを混在表示させることが可能です。
>プログラム表示
機能5:検索、絞込み
検索・絞込み機能で必要な情報に素早くアクセス
検索・絞込み機能で必要な情報に素早くアクセス
文字列検索機能と表示項目の絞込み機能により、着目したい情報に素早くたどり着くことができます。
>検索、絞込み
機能6:差分分析
二つのオブジェクトコードの差分を分析
二つのオブジェクトコードの差分を分析
二つのオブジェクトコードを比較して、関数や変数、クラスなどがどう変わったかを可視化できます。
>差分分析
機能7:帳票出力
分析結果のグラフやリストをファイルに出力
分析結果のグラフやリストをファイルに出力
分析結果をHTMLフォーマットで出力します。分析した内容をエビデンスとして残したいときに有効です。
>帳票出力

対応環境

 

コントローラ

ARM®core

 

Arm純正開発ツール DS-5/MDK-Arm

対応バージョン:ARMCT4.1 ~ ARMCT6.03 (アセンブラ/Cのみ対応 RVCT2.1 ~ RVCT4.0)
対応アーキテクチャ:ARMv4T ~ ARMv8(XScale/WMMX/AArch64 除く)
対応オブジェクトファイル:ELF (リロケータブル形式、ライブラリ形式は除く)
対応言語:C,C++

 

IAR Embedded Workbench ® for ARM

対応バージョン:EWARM 5.10〜EWARM 8.11
対応アーキテクチャ:ARMv4T〜ARMv8(XScale/WMMX/AArch64除く)
対応オブジェクトファイル:ELF(リロケータブル形式、ライブラリ形式は除く)
対応言語:C,C++

 

GNU

対応バージョン:Linaro GCC Toolchain GCC4.7 ~ GCC4.9(アセンブラ/Cのみ対応 GCC4.1 ~ GCC5.3)
対応アーキテクチャ:ARMv4T ~ ARMv8 (XScale/WMMX/AArch64 除く)
対応オブジェクトファイル:ELF (リロケータブル形式、ライブラリ形式は除く)
対応言語:C,C++

Re:Zolverの利用シーン

イベント情報

開催日 開催場所 イベント名
2017年11月15~17日 パシフィコ横浜 ET & IoT Technology 2017