沿革

会社沿革

1980年 アートシステム株式会社設立
2001年 横河ディジタルコンピュータ株式会社設立
2014年 横河ディジタルコンピュータ株式会社が株式会社DTSの子会社に
アートシステム株式会社が株式会社DTSの子会社に
2015年 アートシステム株式会社が株式会社DTSの組込み関連事業の一部を承継
2017年 横河ディジタルコンピュータ株式会社とアートシステム株式会社の両社が合併し
株式会社DTSインサイトを設立

ビジネス沿革

1980年 心電計、脳波計等の生体モニターのデジタル化に対応したソフトウェアを開発
通信制御機器の組込みソフトウェア開発を開始
1990年 内視鏡による手術用の腹腔鏡制御ソフトウェアを開発
1994年 ICEデバッガ「advice AD200シリーズ」商品化
1996年 フラッシュマイコンプログラマ「NETIMPRESSシリーズ」製品化
2000年 ARMビジネスを開始(ARM正規ディストリビュータに認定)
生体情報システムを始めとした院内情報システムに対応したソフトウェアを開発
ICカード、カーナビ機器を受託開発を開始
2004年 マイクロソフト組込みWindowsビジネスを開始 (Microsoft Windows Embedded Partnerに認定)
車載システムの受託開発を開始
2005年 RAMモニタ「RAMScopeシリーズ」製品化
2010年 放送事業関連製品を横河電機株式会社より移管
地域連携システムやヘルスケアサービスに対応したソフトウェアを開発