MDK-ARM

組込みソフトウェアの挑戦!
MDKで広がるARMソリューション

MDK-ARM

KEIL開発システム

MDK-ARMは、ARM®ベースのマイクロコントローラ用に包括的なソフトウェア開発ソリューションを提供します。
組み込みアプリケーションの作成、ビルド、およびデバッグに必要なすべてのコンポーネントが含まれます。

ソフトウェアパックは、アプリケーションのビルディングブロックとして使用できるデバイスサポート、CMSISライブラリ、ミドルウェア、ボードサポート、コードテンプレート、およびサンプルプロジェクト等のソフトウェアコンポーネントを追加します。

MDK-Coreは、μVision(Windows のみ)をベースに、新しいARMv8-Mアーキテクチャを含むCortex®-Mデバイスをサポートします。

DS-MDKには、Eclipse(Windows®およびLinux)ベースのDS-5 IDE / デバッガが含まれており、32bit ARM Cortex-Aプロセッサまたはヘテロジーニアスシステム(32bit ARM Cortex-AおよびARM Cortex-M)をサポートします。

MDKにはコードサイズおよびパフォーマンスを最適にする、アセンブラ、リンカ、および高度に最適化されたランタイムライブラリを含む2つのARM C/C++コンパイラが含まれています。

IPv4/IPv6ネットワーキング通信スタックは、ARM mbed™ソフトウェアコンポーネントと共に拡張され、IoT(Internet of Things)アプリケーションの開発を可能にします。

KEIL開発システム