adviceシリーズデバッグツール
最新モデル adviceXross

JTAG ICE adviceシリーズがさらに進化
実機開発のすべてを一台に

画面表示2

デバッグ効率を向上・開発効率の最適化・開発工数の削減をサポートします!

国内販売台数No1. adviceシリーズの最新機種“adviceXross”(アドバイスクロス)

業界最高速・最大容量のトレースメモリを搭載し、さらに進化したJTAG ICE

定評のあるmicroVIEW-PLUSの基本性能をさらに進化させた”microVIEW-Xross”

アドバイスクロス側面コネクタ

「仮想環境下のマルチOS やマルチコアなど」のデバッグ・テスト支援向けに機能を強化

テスト自動化 Pythonスクリプト対応

テスト自動化の説明図



ハイパーバイザ デバッグ機能【マルチOS】

1つのSoC上で複数のOSが動作するハイパーバイザー環境のデバッグに対応しました。 ゲストOSのデバッグ情報を登録することで、単一OSを指定してのデバッグや、複数OSを自動的に切り換えて同時にデバッグできます。

ハイパーバイザーの説明図



マルチコア デバッグ機能【マルチコア】

adviceXrossは、マルチコアとOSの構成により、SMPデバッグ・AMPデバッグを選択して使用することができます。対応コア数は最多ク ラスの32コアまで対応しています。また、デバッガmicroVIEW-Xrossの応答性能を大幅に向上しストレスが少ないデバッグ環境を実現 しています。

マルチコアの説明図

新しい機能トピックス

ICE基本性能の向上

1.応答性向上

microView-PLUSの使い勝手はそのままに、応答性を向上!

2.USB接続の改善

USB3.0およびUSBタイプCを採用!通信速度&使い勝手を向上。ホストPCと接続することで、JTAGモデルでのUSBバスパワーで動作可能!

3.トレース機能向上

・ストリーミング対応

・トレースメモリ大容量化

ICE画面1

ICE画面2

RAMモニタ機能

Arm CoreSight(AHB-AP)経由でメモリアクセス対応

メモリ画面上でアドレス指定「AHB:」を行うことで、実行中のRAMの値をコアを止めずにリアルタイムにメモリアクセスが可能です!

●利用ポイント●

・止められないシステム制御でのパラメータの監視が可能

RAMモニタ画面

変化した値を赤色ハイライト表示

 

Pythonコマンド対応

PythonスクリプトからmicroVIEW-Xrossの操作が可能に

・コマンドによりWindows上のコマンドプロンプトなどからPythonスクリプトを実行しmicroVIEW-Xrossを操作可能

・microVIEW-Xross上からPythonスクリプトを実行しmicroVIEW-Xrossを操作可能

Python_cmd画面

テスト自動化(汎用入出力活用例)

手動操作が必要となるテストやデグレートチェックの時間を全自動化することで短縮します。

・疑似パターン入力により、人による操作も全自動化

・ソフトだけでなくハードの状態遷移も検知し、効率 的なテスト自動化を実現

・Pythonスクリプトにて実行可能

●利用ポイント●

・拡張入出力ポートによる単体テスト

ハイパーバイザー認識機能

効率的なデバッグをサポート

Hypervisor環境では、従来のOS認識機能によるデバッグ手法はそのままに、

マシン(VMID)よって切り替わるデバッグ対象を仮想マシンレイヤーとして

一段ラッピングした管理を実現します。

そのため、デバッグ情報やOSオプションの管理を、動作しているマシン(VMID)毎に

管理し自動的に切り替えることができます。

ハイパーバイザ画面表示1

マルチコアサポート

対応コア数の拡大

利用シーンに合わせて選べる2つの接続モード

SMP接続モード

・1つのデバッガ画面

・デバッグ対象のアプリケーションが動作するコアに 追従し、自動的に接続コアを切り替え

●利用ポイント●

SMP Linuxのアプリケーションデバッグなどに有効

AMP接続モード

・コア毎にデバッガが起動

・コア毎に独立した実行制御が可能

●利用ポイント●

ブート処理や、AMP OSのアプリケーション、非対象マルチコアのデバッグなどに有効

モデル(機能に応じてスタック可能なユニット構成)

JTAGモデル

通常のデバッグに使用

拡張ユニット間コネクタより、ユニットのスタックが可能

JTAGモデル画面表示

トレースモデル

大容量トレースメモリ

JTAGユニット+トレースユニット

※トレースユニットは単体で使⽤できないためJTAGユニットにスタックして使⽤

既存の機能

共通機能(JTAGモデル&トレースモデル) 

マルチコアサポート

JTAG活線挿抜

内蔵フラッシュメモリ書込み

スナップショット

外部フラッシュメモリ書込み

PMU測定

コマンドスクリプト自動生成・実行

プロファイル分析(サンプリング)

ブレークヒストリー

カバレッジ測定(ラインステップ)

内蔵トレースバッファ対応

VE(Virtualization Extension)対応

トレースモデル

実時間トレース記録(8GB

2点間実行時間測定

トレースチャート表示