トレーサビリティ管理ツール
microTRACER


機能安全規格「ISO26262」対応支援ツール
機能を特化した軽量な
トレーサビリティ管理ツール

microTRACER

ソフトウェア開発でのトレーサビリティの確保は必須条件になりつつあります

「トレーサビリティ」でソフトウェアの品質を向上させる

ソフトウェア開発における「トレーサビリティ」とは、ソフトウェアの品質を示す1つの方法であるとともに、品質を向上させる手段でもあります。
要件から、設計、実装、テストの関連が追跡できること、つまり「見える」ことは、品質の向上に大きく貢献します。

上流→下流の検討モレ、ダブり、矛盾が見える

⇒ 後工程での痛い手戻り防止

仕様に対するテストの網羅性が見える

⇒ ヌケのないテストを実施

要件、設計、ソースなどの検討内容の粒度のバラツキが見える

⇒ 曖昧さの排除や見積もり制度の向上

要件変更や不具合発生時の影響範囲が見える

⇒ 範囲が明確になり迅速な対応が可能

その結果、品質を向上させることができます。

概要

トレーサビリティの重要性・有効性などは分かっているけれど、見える化と維持で手間がかかっていませんか?

microTRACERは、組織の資産である既存の成果物(ファイル)を用いて、トレーサビリティを管理します。
既存成果物に「タグ」と呼ばれる識別文字列を埋め込み、タグとタグを関連付けることによりトレーサビリティを表現します。
要件などをツールに入力する必要が無いため、初期導入のハードルを下げ、機能を特化した軽量なトレーサビリティ管理ツールです。

概要

トレース対象ファイル(拡張子)

※この一覧に無い種類のファイルも対応が可能です。ご相談下さい。



使用している成果物作成ツールの置き換えではなく各種ツールと連携運用することで、開発工程全体をつなげます。

トレース対象ファイル

構成管理ツール

要件管理ツール

プロジェクト管理ツール

ALMツール

モデリングツール

テストツール

FMEAツール