車載

各種ECU,センサー間をCAN通信にて連携、
インパネシステム、カーナビの開発

車載

車載分野の受託開発

現在の自動車は、1台の車が多数のECUで動いています。
「動く・止まる・曲がる」からメーター類のECUまで、多種多様なECUの開発を受託しています。
組込み機器の開発支援ツールをベースとし、車載通信から車載ソフトウェアまでのエンベデッドシステムをはじめ、走行データ蓄積のためのクラウドシステムまで、車載分野のシステム開発・運用を最適な受託開発ソリューションでご提供します。
また、建設機械におけるECUソフトウェアの機能安全規格対応まで幅広く対応しています。

事例

【1】各種ECU,センサー間をCAN通信にて連携、およびインパネシステムの開発

概要

  • コックピットまわりの急速な進化により、メーターのTFT(液晶パネル)化、大型化が加速しており、これに伴うソフト需要の増大に対応
  • 各種ECU〜センサー間をCAN通信で連携、表示情報の多様化に対応するインパネシステムの開発に対応

特長

  • 開発プロセス(Automotive SPICE)を理解し、持帰り開発を推進
  • 2輪から4輪まで、常時10機種程度を並行して開発しており、多種多様な機種やOSに対応
  • 今後需要が見込まれるHUD(ヘッドアップ・ディスプレイ)については、お客様先にて常駐で対応

システム概要図

システム概要図 | 車載

【2】建設機械のECUソフトウェア機能安全規格の汎用制御コントローラの開発

概要

  • 機能安全規格である IEC61508をベースに各分野の規格が検討されている中、建設機械についても検討が加速
  • ECUソフトウェアの機能安全規格への対応の必要性からベースとなる汎用制御コントローラの開発を受託

特長

  • 故障監視、検知、遠隔チェック
  • ロギングのサポートアプリ開発
  • 高速通信対応
  • 将来的な、ソフトウェアの安全を担保すための技術(自己動作監視、診断 等)

システム概要図

システム概要図 | 車載