AMBAトレーニング 1日コース

コースの概要

本コースはAMBA AHB およびAXI バスアーキテクチャのプロトコル及びインターコネクト(相互接続)アーキテクチャを中心に学びます。加えて、AXI バスのIP コア「PL301」の仕組みを理解し、より具体的なAXI インターコネクトによる設計手法を学び、APB およびCoreSight システムについても学びます。

受講対象者

AMBA AHB/AXI を使用してハードウェア開発を行う予定のあるハードウェアエンジニア

履修条件

ARM について基礎的な理解があること
デジタルロジックやハードウェアASIC 設計の知識があること(必須ではありません)

会場

東京会場(株式会社DTSインサイト 会議室)
東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿MIDWESTビル6F

※アクセスはこちらをご覧下さい

お申し込み方法

「ARM テクニカル・トレーニングコースのお申込について」

受付終了: コース開催の1週間前まで
定員:   16名
受講料: 50,000円(税抜き) ※昼食つき

お問い合わせ先

ARMトレーニングセンタ

TEL : 03-6756-9405
E-mail : arm_training@dts-insight.co.jp

コース内容

AHB プロトコル

  • AHB 機能
  • 制御信号と各信号タイミング
  • バースト転送
  • リトライ応答/SPLIT 転送/ロック転送

AHB 接続アーキテクチャ

  • シングルレイヤシステムの構造
  • アービタ
  • AHB スレーブ
  • マルチレイヤシステム設計
  • AHB-Lite

AXI プロトコル

  • AXI の概要
  • チャネル、転送、トランザクションについて
  • チャネル信号
  • 転送の動作
  • 処理順序
  • AXI 専門用語

AXI インターコネクトアーキテクチャ

  • インターコネクトアーキテクチャ
  • 転送ID およびオーダー
  • アービトレーション
  • セキュリティ
  • タイミング・クロージャ

APB

  • APB 信号
  • APB 相互接続
  • ライト/リードサイクル
  • APB to AHB
  • APBAMBA3 におけるAPB PREADY 及びAPB PSLVERR

高性能マトリックス PL301

  • PL301 の概要
  • サブコンポーネントと構造
  • コンフィギュレーションパラメータ
  • マスタ・スレーブインターフェイスパラメータ/インターコネクトマッピング/アービトレー
  • ションスキーム/QoS
  • プログラマブル機能
  • インプリメンテーション考察

CoreSight デバッグとトレース

  • イントロダクション
  • CoreSight デバッグ
  • CoreSight トレース
  • その他のCoreSight コンポーネント

オープンコース一覧へ戻る