RAMScope-EX GT150

複数ECUによる協調制御開発の
様々な計測ニーズに対応。

RAMScope-EX GT150

RAMScope-EX GT150

RAMScope-EX GT150 シリーズは、制御/測定データ(内蔵RAM値)をリアルタイムに抽出して外部信号と合わせて計測・解析することができる、モジュールタイプのマルチ計測システムです。

RAMScope-EX GT150 の機能

自動車のハイブリッドシステムに代表されるような燃費や電力などのロスを低減させ高効率な制御をおこなうためにはECU間のきめ細かい協調制御が必要になるため、複数ECU内のRAMを同期計測・解析できる環境が求められています。
RAMScope-EX GT150 は、このような測定環境に適した高速モニタツールです。
RAMデータの計測にはマイコンに搭載されている専用のデバッグインタフェースを利用するため、通信用のプログラムを常駐させる必要がなく、制御アプリケーションへの負荷はほとんど発生しません。
また、複数マイコンのRAMデータに加え、CANデータや各センサーからのアナログ信号も同一時間軸で計測することができます。

RAMScope-EX GT150 の特長

RAMScopeV (計測アプリケーション)

シンボル読み込みからリストウィンドウへ登録することにより、表示情報の登録作業を効率化します。

RAMScopeV Image

表示系ウィンドウ

【 変数ウォッチ 】 (Read/Write)

変数ウォッチ

【 メモリアクセス表示 】

メモリアクセス表示

【 ログデータ表示 】 (測定停止後、測定データ読み込み後に保存されたログデータを表示)

ログデータ表示

【 ファイルのエクスポート表示 】 (RAMは「MDF」形式、CANは「ASC」形式でファイル出力)

ファイルのエクスポート表示

設定系ウィンドウ

【 イベント・ロギングトリガ設定 】

イベント・ロギングトリガ設定

【 CANメッセージ/シグナルの属性設定 】

CANメッセージ/シグナルの属性設定

【 CANシグナルレイアウトの変更 】

CANシグナルレイアウトの変更

【 各モジュールのロギング設定 】

各モジュールのロギング設定