最高性能のニュースタンダードRISC-V IPとしてSiFive Performance P550コアを発表(2021/6/22)
DTSブログ
更新日:2021/07/06
アプリケーション・プロセッサの新しいSiFive Performanceファミリーは、幅広い市場に向けてクラス最高のパフォーマンスを提供

カリフォルニア州サンマテオ、2021年6月22日 - RISC-Vプロセッサとシリコンソリューション業界のリーダーであるSiFive, Inc.は、新しいSiFive Performanceファミリーのプロセッサを発表しました。SiFive Performanceファミリーは、RISC-Vベクトル拡張1.0 RC版(リリース候補版)に完全準拠したSiFive初のLinux対応プロセッサであるP270と、SiFiveのこれまでの最高性能のプロセッサであるSiFive Performance P550コアの2つの新しいプロセッサコアを提供します。新しいSiFive Performance P550は、SPECInt 2006のスコアが8.65/GHzとなり、現時点でのRISC-Vプロセッサの中で最高の性能を誇り、アプリケーション・プロセッサ分野の既存の製品に匹敵するものです。

SiFiveの共同設立者兼CTOであるYunsup Lee博士は次のように述べています。「SiFive Performanceは、SoC設計の最前線にいて現状に不満を持っているあらゆる市場のお客様に、RISC-Vコアの完全でスケーラブルなポートフォリオを提供するという当社のコミットメントにおける重要なマイルストーンです。この2つの新製品は、これまでのSIMDアーキテクチャを簡単に置き換えられる効率的なベクトル・プロセッサから、P550に象徴される最先端のものまで、新しいパフォーマンスポイントと幅広いアプリケーション分野をカバーしています。SiFiveは、RISC-Vの標準を確立したことにより、これらの製品をお客様にお届けすることができます。」

Intelのフェローであり、IPエンジニアリング・グループのCTOであるAmber Huffman氏は、次のように述べています。「当社は、SiFiveのリード開発パートナーとして、7nm Horse Creekプラットフォーム上でのP550の優れた性能をお客様に紹介できることを嬉しく思います。IntelのDDRやPCIeなどの最先端のインターフェースIPとSiFiveの最高性能のプロセッサを組み合わせることで、Horse Creekは最先端のRISC-Vアプリケーション開発のための拡張性の高い技術を提供します。」

TIRIAS Researchの主席アナリストであるKevin Krewell氏は、次のように述べています。「組み込みプロセッサでの初期の成功からアプリケーション・プロセッサ市場に取り組むためには、新しいSiFive Performance P550コアで実証された性能が必要です。テクノロジー業界のリーディングカンパニーによって開発されたRISC-Vのオープンソース・ソフトウェア・エコシステムが成熟し、成長していることと相まって、チップ設計者は次のSoCアプリケーション・プロセッサ・コア開発のための必要な選択肢を得ることができます。」

SiFive Performance P550は、RISC-V RV64GC ISAに準拠した13段トリプル命令発行のアウトオブオーダーパイプラインを搭載しています。先に発表されたSiFive U84マイクロアーキテクチャーを進化させたPerformance P550は、4コアの複雑な構成にまでスケールアップし、1つのArm Cortex-A75と同程度の面積を使用しながら、面積当たりの性能を大幅に向上させます。

SiFive Performance P270は、RISC-V RV64GCV ISAに準拠した8段デュアル命令発行の高効率インオーダーパイプラインです。RISC-Vベクトル拡張v1.0 RC版(リリース候補版)に完全準拠し、既存のレガシーアーキテクチャのSIMDソフトウェアをRISC-Vベクトルアセンブリコードに変換するSiFive Recodeと組み合わせることで、SiFive Performance P270は、既存のレガシーアーキテクチャの理想的な代替品となります。

新しいSiFive Performanceファミリーは、先日発表した人工知能(AI)や機械学習(ML)アプリケーションに特化したSiFive Intelligenceファミリーや、64ビットおよび32ビットプロセッサのUコア、Eコア、Sコアシリーズを含むコンフィギュラブルコアとして広く採用されているSiFive Essentialファミリーに加わります。

SiFiveプロセッサ・ポートフォリオの詳細については、CEOのPatrick Littleのブログをこちらでご覧ください。SiFive Performanceファミリーの両製品は現在発売中です。SiFiveは、日本時間 2021年7月14日(水)午前11時と2021年7月15日(木)午後4時にSiFive Performance、Intelligence、Essentialの各製品についての詳細を説明するウェビナーを開催します(登録はこちら)。

SiFiveについて
SiFive社は、オープンなRISC-V命令セットアーキテクチャ仕様に基づいたdomain-specific設計を可能にするプロセッサコア、AIアクセラレータ、SoC IPを提供するリーディングカンパニーです。SiFive社は、ワークロードに特化したアクセラレータ設計のために、セキュリティ、トレース、デバッグ機能をあらかじめ統合した、スケーラブルでコンフィギュラブルなプロセッサコアを提供しています。RISC-Vの発明者によって設立されたSiFive社は、世界各地にデザインセンターを持ち、Sutter Hill Ventures、SK hynix、Qualcomm Ventures、Western Digital、Intel Capital、Spark Capital、Osage University Partners、Prosperity7 Venturesの支援を受けています。詳細については、www.sifive.comをご覧ください。


SiFiveの最新情報は、Facebook、Instagram、LinkedIn、Twitter、YouTubeでご覧いただけます。
(備考)
1 - SiFive Performance P550のSPECInt2k6の性能をSiFive Internal Engineeringが測定した結果による。
ArmおよびCortex-A75は、Arm Limited(またはその子会社)の米国およびその他の国における登録商標または商標です。