ソフトウェア変更による
影響範囲を可視化
システム全体を容易に把握
工数見積もりの精度向上
テスト範囲の明確化に貢献
フル機能 14日間お試し版へ
プロジェクトの90%以上を占めている派生開発(流用開発、差分開発)
このような課題はございませんか?
 
コードが煩雑で読み取り困難
分析がスムーズに進まない
 
設計書やドキュメントに不備
元の開発担当者もいない
 
計画段階の工数の見積もり
の不一致で遅延が発生
  
派生開発(流用開発、差分開発)の課題は
影響・構造分析ツール『Re:Zolver リゾルバー』
解決できます
『Re:Zolver』はソフトウェア変更に伴う
影響範囲システム構造素早く分析できます
Re:Zolverは、最終オブジェクトコード「余分なコードが省かれた実行コード」を分析対象とすることで、結果を分析する時間を最小限にハイパフォーマンスを実現します。「既存ソース/ドキュメント等」の開発資産(既存ソースコード)の理解を効率化できます。面倒なifdef/define/includeなどの設定が不要なので、ツール導入もスムーズです。
影響・構造分析ツール『Re:Zolver リゾルバー』の
基本機能動画素早くチェック
1.影響把握
 ・変更予定の関数や変数の影響度を把握
 ・影響範囲をコールグラフやリストで表示
2.差分把握
 ・元のプログラムと変更後のプログラムの変更点を表示
 ・変更した箇所の影響を素早く特定
3.構造把握
 ・コールグラフ表示、システム全体の可視化
 ・ファイル関連グラフ表示
4.実体把握
 ・ソース/関数/変数などの情報をリスト化
派生開発はさらに効率化できます
 
影響分析

影響範囲を抽出しコールグラフとリストで表示
詳細を見る →
 
差分分析

変更後ファイルとの差分や依存関係を表示
詳細を見る →
 
各種リスト

ソースリスト、変数リスト、メトリクスなど
詳細を見る →
こんな時に即効で効果を発揮します!
『Re:Zolver』活用事例
 
実行しない記述は見たくない!
詳細を見る →
 
新旧のソースを区別できない!
詳細を見る →
 
性能・メモリ不足を解消したい!
詳細を見る →
 
最適化の改善効果を知りたい!
詳細を見る →
 
バッファ変更の影響が予測不能!
詳細を見る →
 
工数見積もりで失敗したくない!
詳細を見る →
 
設計書を効率よく作成したい!
詳細を見る →
 
変更箇所をすべて洗い出したい!
詳細を見る →
 
担当者が退職、設計資料もない!
詳細を見る →
ライセンス / 対応環境
  • 2021/05/17 タームライセンス版をリリース/差分分析をさらに強化 Ver4.11詳しくはこちら →

  • 対応環境

    Arm®コア・SuperH ファミリ・RH850ファミリ・RL78ファミリ・RXファミリ・x86-x64・TriCore™ AURIX™
    Windowsアプリケーション(C#)対応版

    詳細を見る →
    お問い合わせはこちらから
     
    お問い合わせ
    デモ・お見積りなどのご依頼
     
    評価版
    フル機能をまずはお試し
     
    カタログ・資料
    ダウンロード頂けます