Arm® Cortex®-A9 ソフトウェア開発実践講座

コースの概要

Arm® Cortex®-A9コア搭載プロセッサをワンチップ・マイコンのように扱う組込みプログラムを開発する際のポイントを習得できます。
Arm®純正開発環境Arm® DS-5™、Arm® Keil® ULINK2™(JTAG エミュレータ)およびArm® Cortex®-A9コア搭載評価ボードを使用して、組込みプログラムを作成する際のポイントを講義とサンプルプログラムによる実機実習を通して習得します。
受講後は、Arm® Cortex®-A9コア搭載マイクロプロセッサの概要、キャッシュ、MMU、例外処理、初期化処理を理解し、Arm® DS-5を利用した組込みプログラムが作成できるようになります。
実機実習では、Arm® Cortex®-A9コア「RZ/A1H」(ルネサス エレクトロニクス社製)搭載CPUボード「AP-RZA-0A」(アルファプロジェクト社製)を使用します。

受講対象者

Arm® Cortex®-A9 コアをベースにしたプラットフォームでソフトウェア開発を行う予定のあるエンジニア

履修条件

会場

東京会場(株式会社DTSインサイト 会議室)
東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿MIDWESTビル6F

※アクセスはこちらをご覧下さい

お申し込み方法

「Arm® テクニカル・トレーニングコースのお申込について」

受付終了: コース開催の2週間前まで
定員:   10名
受講料: 120,000円(税抜き)

お問い合わせ先

Arm®トレーニングセンタ

TEL : 03-6756-9405
E-mail : arm_training@dts-insight.co.jp

コース内容

1 Arm®ア-キテクチャ

2 v7-A のためのアセンブラプログラミング

3 Arm®コンパイラの使用方法の基礎

4 メモリマネジメント

5 Arm®v7-A キャッシュおよび分岐予測

6 例外処理 アーキテクチャv6/v7

7 バリアについて

8 GICv1 & GICv2プログラミング

9 Arm® Cortex®-A9マイクロプロセッサ起動プロセス

10 システム起動処理演習

11 MMUの設定演習

12 割り込み処理演習

13 シリアルフラッシュメモリ起動処理演習

オープンコース一覧へ戻る