フラッシュプログラマ/ライタ NETIMPRESS next

開発から生産ラインまでご利用いただけるスタンダードなフラッシュプログラマ

対応インターフェース:シリアル・JTAG・SWD・SPI・QSPI・CAN・CANFD

製造ライン向けシリアルフラッシュプログラマ/フラッシュライター NETIMPRESS next

フラッシュプログラマ/ライタ NETIMPRESS next

NETIMPRESS next シリーズは、開発・評価・量産ラインなど各フェーズで利用できるスタンダードプログラマです。
ターゲットとの通信インターフェース別に、4タイプをリリースしています。

NETIMPRESS next 共通仕様・外観

ターゲットインターフェース:シリアル(UART:2400kbps-2Mbps / CSI:62.5kbps-10Mbps)
データストレージ:CFカード(別売)
PCインターフェース:Ethernet 100BASE-TX
設備連携インターフェース:RS232C(コマンド入力用) / Digital I/O (プログラミング品種選択5bit・I/O制御・OK/NG出力)
電源仕様:ACアダプタ(100-240V)

NETIMPRESS nextの外観

Model AF430 AF430/HSM AF430/CAN AF430/CFD
仕様 シリアル:1ch シリアル:1ch

高速LVDS:1ch
シリアル:1ch

CAN 2.0B:1ch
シリアル:1ch

CANFD:1ch
*CAN 2.0B互換

導入事例

NETIMPRESS next 導入事例(BCRによる品種選択)

バーコードリーダーで品種切替が可能です。
読込まれたバーコードデータと一致するYIMフォルダが選択されます。
プログラミング実行は、Digital I/Oから制御可能です。

NETIMPRESS nextの導入事例(BCRによる品種選択)

NETIMPRESS next 導入事例(I/Oコントロール)

Digital I/Oから品種選択とプログラミングを実行可能です。
Scriptファイル(テキスト)に記述されたYIMフォルダを選択し、プログラミングを実行します。
Script選択I/Oは5bit用意されているので、32パターンまでのScript選択が可能です。

NETIMPRESS nextの導入事例(I/Oコントロール)