ARM システムデザインコース(v6/v7対応版)

コースの概要

※各UNIT単体での受講が可能です。

v4Tからv7-A、v7-Rまでのアーキテクチャバージョンを対象としています。 本講座を受講することで、ハード、ソフトの両面から学習でき、全体を見通したシステムを構築するために必須となる情報を習得できます。 コースは4つのユニットから構成されており、習熟度や習得したい内容にあわせて、自由に組み合わせて御受講頂けます。

UNIT1 ARMアーキテクチャと開発ツール概要

ARMアーキテクチャ/ARM CPUアーキテクチャ/アセンブラプログラミング v6/v7/ ARM開発ツール概要

UNIT2 ARMツールでの組込みソフトウェア開発

C/C++コンパイラヒントと情報/リンカ・ライブラリ ヒントと情報/さらなるコンパイラヒ ントと情報/組込みソフトウェアの開発/ARM11でのソフトウェア開発

UNIT3 L1メモリシステムとv6/v7拡張機能解説

v6メモリタイプ/キャッシュとTCM v6/v7/例外処理 v6/v7/TrustZone概要/ メモリ管理 v6/v7/同期サポート

UNIT4 AHB/AXI概説、デバッグとトレース機能

AHBプロトコル/AHB接続アーキテクチャ/AMBA 3 AXIプロトコル/ AMBA 3 AXIインターコネクトアーキテクチャ/APB/デバッグとトレース/ CoreSightデバッグとトレース

受講対象者

ARMコアを使用した組込みシステムの開発を行う予定のあるエンジニア

履修条件

全ユニット

マイコンについて基礎的な理解があること

UNIT1

組込みシステムに関する知識

UNIT2

Cとアセンブリ言語による組込みシステムのプログラミング経験
メモリマップ、レジスタ、割り込みの概念等

UNIT3

ARMコアの基礎的な知識(UNIT1、UNIT2受講済みレベル)

UNIT4

デジタルロジックやハードウェアASIC設計の知識があること(必須ではありません)
プロセッサの入出力信号、タイミングの概念、AMBA1.0の仕様等

会場

東京会場(株式会社DTSインサイト 会議室)
東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿MIDWESTビル6F

※アクセスはこちらをご覧下さい

お申し込み方法

「ARM テクニカル・トレーニングコースのお申込について」

受付終了: コース開催の1週間前まで
定員:   16名
受講料: 

お問い合わせ先

ARMトレーニングセンタ

TEL : 03-6756-9405
E-mail : arm_training@dts-insight.co.jp

コース内容

UNIT1 ARMアーキテクチャと開発ツール概要

UNIT2 ARMツールでの組込みソフトウェア開発

UNIT3 L1メモリシステムとv6/v7拡張機能

UNIT4 AHB/AXI概説、デバッグとトレース機能

※各UNIT単体での受講が可能です。

オープンコース一覧へ戻る