「RISC-V Days Tokyo 2021 Autumn」 オンラインRISC-Vパビリオン DTSインサイトブース
DTSブログ
更新日:2021/11/17

オンラインRISC-Vパビリオン DTSインサイトブースへようこそ!



オンラインRISC-Vパビリオン DTSインサイトブースにお越しいただきありがとうございます。

こちらでは、最新のSiFive社製品のアップデート情報や最新技術動向を動画によるプレゼンテーションやデモンストレーションにてご紹介しています。
また、お客様からのご質問に直接スタッフがお答えするQ&Aスロットをご用意しています。
どうぞご自由にご覧ください。


■動画プレゼンテーション
●SiFive Performance ウェビナー
SiFive社の提供するSiFive Performaceファミリーをご紹介します。
このウェビナーでは、製品マーケティングのシニアディレクターであるDrew Barbierが、現在入手可能なPerformance P270とP550、およびSiFiveが引き続き業界標準RISC-Vアーキテクチャを継続的に推進していく取り組みについてご紹介します。
以下リンク先にある「Watch Recording」をクリックして表示されるフォームにて、必須項目(★印)に入力していただくとウェビナー動画がご視聴いただけます。

こちら


●ASPLOS キーノート:Dr.Chris LattnerによるHW / SW コ・デザイン時代におけるコンパイラ設計の黄金時代/(52min20sec)
ハードウェア、コンピューターアーキテクチャ、コンパイラ、言語、オペレーティングシステム、ネットワーキング、およびアプリケーションの境界にまたがる研究のための学際的な会議であるASPLOS 2021での講演動画です。
SiFive プラットフォームエンジニアリング担当上級副社長であり、プログラミング言語「Swift」や「LLVM」の開発者として知られるChris Lattnerが、HW / SWコ・デザインの時代に注目される次世代コンパイラ技術について語ります。

こちら

講演資料はこちらから参照できます。


●SiFive RISC-V ポイント解説・割り込み編/(10min00sec)
SiFive RISC-V ISAにおける割り込み処理について、ポイントを絞ってわかりやすく解説します。

こちら


●OpenFiveウェビナー
OpenFiveは、オープンソースの命令セットアーキテクチャ「RISC-V」の開発者が創業したRISC-Vベース・プロセッサIPのリーディング・カンパニーである米SiFive社が立ち上げたドメインスペシフィックのSoC開発に特化した設計サービスブランドです。
OpenFiveウェビナーでは、様々な切り口からドメインスペシフィックのSoC開発に必要なIPや設計ノウハウについてご紹介します。
過去に実施したウェビナーは、以下のリンクからご覧いただけます。
https://openfive.com/webinars/
OpenFiveについて 詳しくはこちら


■動画デモンストレーション
●話題のHiFive Unmatchedボード起動デモ/(6min24sec)
昨年より弊社で連載を開始しました、RISC-V技術ブログ連載第4回で公開し、話題となっているHiFive Unmatchedボードのファーストインプレッションデモ動画です。
DTSインサイトでも販売を開始し、大変ご好評いただいている、Linuxが動作するSiFive社の最新評価ボード「HiFive Unmatchedボード」をDTSインサイトが どこよりもいち早く入手し、OpenEmbedded Linux(Kernel ver.5.9.10)を起動しネットワーク接続やベンチマーク測定を行いました。

こちら


●HiFive Unmatchedボード お手軽機械学習デモ/(9min14sec)
HiFive Unmatchedボードでは、すぐにLinuxをお試しいただくことができるFreedom U SDKというソフトウェアキットが利用可能です。このデモでは、Freedom U SDKを用いることで、とても簡単に機械学習フレームワークの一つであるTensorFlow Liteを試すことができる点をお伝えします。

こちら


●HiFive Unmatchedボード JTAGデバッグに挑戦/(4min07sec)
弊社からお届けしているRISC-V技術ブログ、『[RISC-V技術ブログ連載第11回] SiFive最新リリース HiFive Unmatchedボードのご紹介А HiFive Unmatchedでベアメタルプログラミングに挑戦(前編)〜』にて、HiFive Unmatchedでベアメタルプログラムを行うための事前準備の様子をお伝えしました。
本デモでは、その後編でお伝えする予定の内容を技術ブログ公開に先立って動画デモにてお伝えします。統合開発環境Freedom StudioからUSBケーブル一本でHiFive UnmatchedをJTAG接続し、デバッグする様子をご覧いただけます。

こちら



■Zoomウェブ会議によるQ&Aスロット受け付け
お客様からのご質問に直接お答えするZoomウェブ会議を実施します。
弊社の講演内容、本オンラインRISC-Vパビリオンについて、SiFive製品についてのご質問等、技術スタッフがお答えします。


●日程:
11/18(木) : 16:00-17:00  受付は終了しました。ご応募ありがとうございました。

11/19(金) : 16:00-17:00  受付は終了しました。ご応募ありがとうございました。

製品やサービスに関するお問い合わせはWebフォームで受付しております。
 →お問い合わせフォーム

※1  ↓△修譴召譴里申込みフォームが異なります。
※2 開始時間の1時間前に締め切らせていただきます。
※3 Zoomウェブ会議で開催するため、参加者のIDが公開されます。ミーティングに参加する際、必要に応じてお名前をニックネームなどとするようお願いいたします。



■「RISC-V Days Tokyo 2021 Autumn」概要
●講演スケジュール
DAY 1 : 2021年 11月 17日 (水) 10:00 〜 16:45 JST(GMT+9)日本時間
DAY 2 : 2021年 11月 18日 (木) 9:30 〜 15:55 JST(GMT+9)日本時間
DAY 3 : 2021年 11月 19日 (金) 9:30 〜 15:45 JST(GMT+9)日本時間

当社の講演時間は、11月17日(木) 10:30〜11:15を予定しておりますが、状況により変更になる場合がございます。
「RISC-V Days Tokyo 2021 Autumn」 HPより事前に最新のスケジュールをご確認いただくとともに、当日は早めのご参加をお願いいたします。


●事前登録(無料ですが、講演の聴講には事前登録が必要です)
 RISC-V Days Tokyo 2021 Autumn 登録サイトは こちら

●ET&IoT 2021登録(11/17のリアル講演をご聴講の場合のみ、ET&IoT 2021への登録も合わせて必要となります)
 ET&IoT 2021登録サイトは こちら

●「RISC-V Days Tokyo 2021 Autumn」 HPへのリンクはこちら